記事の詳細

独自の美意識と高い燃費性能を実現したエントリーモデル

ipsiron
クライスラー車 2012年12月~生産中モデル クライスラー イプシロン をご紹介いたします!

イプシロンは1994年にランチアのコンパクトカーとして登場。クライスラーブランドとして4年半ぶりに日本市場に投入されたエントリーモデルです。

ボディスタイルはかなり独創的なデザインで、アメリカ車のイメージを覆す5ナンバーのハッチバックボディが与えられています。

現代の小型車に求められる実用性と機能性、コンパクトなボディから受けるイメージはフィアットですが、経済性が高いレベルでバランスがとられて、クライスラーブランドになりました。

全長は3835mm、全幅は1675mmなので、5ナンバーサイズに収まるほどの大きさしかなく、ボディサイズは、輸入車の中ではかなり小さい部類に入ります。

5ドアボディとあって実用性も相応にともない、個性的な外観デザインが特徴の都会的なコンパクトカーといえるでしょう。

気になる新車価格は、メーカー小売希望価格で 235万円~260万円 となっています。

詳しくは クライスラーの公式サイト まで!

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント

    カテゴリー

    ページ上部へ戻る